最強格闘技図鑑 真伝 /Samurai Bushido Channel in Japan

This blog is about martial arts in Japan and Bruce Lee.

京口紘人の強さの秘密を暴露する!

f:id:Anazon:20191002232023p:plain

試合のポスター

 京口紘人の強さの秘密は?

WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(26=ワタナベ)が、10月1日大阪のイディオンアリーナ(旧名大阪府立体育館)で行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦において同級1位久田哲也(34=ハラダ)を3-0の判定で下し、2度目の防衛を果たした。その京口選手が、試合終了した翌日駆け込んだのが、「天下一品」であった。京口選手は、「天下一品」の「こってりラーメン」の大ファンで、試合に勝ったら一番に「天下一品」で「こってりラーメン」を食べることに決めていたという。実際、試合に勝つためには、「天下一品」のラーメンを食べるといいと縁起を担ぐスポーツ選手も多くいるほどだ!そんな「天下一品」大ファンの京口選手には、「天下一品」から金色のラーメンどんぶりが贈呈された!

あのケンカ十段も大好物だった!

この「天下一品」は、多くの武道家や格闘家にも御用達のラーメン店だ。あのケンカ十段といわれた新国際空手道連盟芦原会館の初代館長であった芦原英幸氏も当時の京都道場(河原町の新京極に昔はありました)を訪れた時には、かならずこの「天下一品」のこってりラーメンを注文していたことで知られている。当時は、芦原会館の入っている東宝ビルのすぐとなりに天下一品の店があり、そこが芦原英幸氏のお気に入りの店でした。

 その昔は、まだ大阪には「天下一品」の店が出店しておらず、大阪のファンは京都まで出かけていかなければ食べることが出来なかった。とくにこの「天下一品」のこってりラーメンは、風邪を引いたり、体調がすぐれない時に食べると体調が良くなるという噂がある「身体にパワーがみなぎるラーメン」としても有名なのである。その昔この「天下一品」の「こってりラーメン」は、「泥ラーメン」とよばれていたほど、そのこってり度がすごく一度食べたら忘れないやみつきの味として有名になったラーメンなのだ。

f:id:Anazon:20191002232105p:plain

これが「天下一品」の「こってりラーメン」だ!

難波の「天下一品」

この写真は、最近の写真だが「昔はもっと黒く泥の底にラーメンが埋まっていたんだ」と昔からの常連客は語る。昔は、京都にしか店がなかったが、現在は大阪はもちろん東京、名古屋など全国の主要都市には店舗展開を行っている。京口選手が試合の翌日に飛び込んだ「天下一品」の店舗は試合の行われたイディオンアリーナからも近い難波店。その難波店の店舗情報を下に貼り付けておくので、読者のみなさんも大阪を訪れた時には、ぜひ「天下一品」の「こってりラーメン」を体験してみてはいかがだろうか?鶏ガラスープを基本としたこってりとした味わいは、一度食べたらやみつきになる。京口選手が、勝ったのみこのラーメンのおかげ?なのかもしれない!

なんばの「天下一品」はここです!

    ☟

 http://smile-takeshima.com/store/